一言で自動車保険と言っても、加入しない限り車検を受けられないので強制保険と呼ばれている自賠責保険と、各損保などが販売している任意保険の2つがあります。
今回は入る入らないはその名前の通り自由である任意保険の必要性と、加入に当たって筆者がおすすめしたい保険をその掛け金の相場を添えて紹介していきます。

任意保険には入らなくてはいけないのか?

まずは言葉の説明から、任意とは「対象者の意思に任せる」という意味なので、その通り任意保険はその加入を絶対にしないと、自動車を運転できないわけではありません。
しかし、1tにもなる鉄の塊が時速50kmで縦横無尽に走り回っている現在に車社会において、時に事故はいくら気を付けても起こりえます。
その際の被害者への補償を、「最低限」の範囲でカバーするのが自賠責、つまり強制保険。
しかしその補償額は、

損害内容 範囲 支払限度額(1人につき)
死亡 葬儀費や遺族への慰謝料等 最高3,000万円
後遺障害 逸失利益、慰謝料 最高4,000万円~75万円(注)
傷害 治療費、休業補償、慰謝料 最高120万円

(注)・・・神経・精神系に障害が残り日常介護が必要なケースでの最高額

となっていて、死亡時の賠償額が1億円を大きく超えるケースもある中心もとない補償額です。
もちろん、お金だけで被害者にすべてが償えるわけではありませんが、その負担が加害者のその後の人生にも大きく影を落とし、家族などがいる場合はその生活まで脅かします。
また、自賠責保険が保証しているのはあくまで加入者が運転している車が起こした事故での被害者への賠償であり、加入者自身のケガなどの補償はされません。
結論を言えば、任意保険に入らなければいけないとは言いませんが、「入るべき」であるというのが当サイトの総意です。
自賠責保険とは、あくまで公道上を自働車で走るうえでの最低限のマナーとして捉えるもので、任意保険への加入でしか万が一の事故への備えを安心なものにする方法はない、と筆者は考えています。

おすすめの任意保険と相場

その加入の必要性につい長々と述べましたが、とは言っても保険料のかかることですし、補償内容や事故処理能力など複雑でチョイスも難しい。
無責任に「加入しなさい」もないので、ここでは筆者が「保険料の安さ」や「補償の充実度」、「ロードサービスの使いやすさ」などを総合的に判断し、独自にランキングした自動車保険を紹介したいと思います。
合わせて、その自動車保険に加入した時の相場も紹介しますが、今回は公平を期すためその加入条件を、

記名被保険者 30歳男性、ゴールド免許、15等級
運転者範囲 本人限定、30歳以上補償
車両情報 平成26年式プリウス、通勤での使用、年間走行5,000km以下
対人・対物補償 無制限
人身傷害 無制限(乗車中のみ)
車両保険 無し

に設定しておきたいと思います。

【第1位】 ソニー損保 見積もり相場22,480円~ おすすめ度・・・★★★★★

何よりその保険料が安い、その理由はCMで「走った分だけ」を謳うだけあって、走行距離区分ごとの割引率が高いこと。
しかも、走行距離が申告より少なかった場合は、次回の保険料から割引してくれる、唯一の自動車保険。
その事故対応力や、ロードサービスにも定評がありそのバランスはNO,1と評価したため、今回見事第1位となっています。

【第2位】 三井ダイレクト 見積もり相場29,140円~ おすすめ度・・・★★★★

ソニー損保が30歳以上補償があったのに対しこちらはそれが無く、26歳以上補償しか選択できなかったのが2位の理由。
ただ、36歳以上補償を設定できるためその年齢に達した方はもう少し保険料が下がる点と、親会社であるMS&ADインシュアランスが培った経験と実績に裏打ちされた事故対応力の高さを筆者は評価しました。

【第3位】 おとなの自動車保険 見積もり相場35,840円~  おすすめ度・・・★★★

緊急時のレッカー牽引は、提携している工場までなら距離無制限、それ以外でも300kmまで無料で対応してくれる、そのサーボス拠点数実に全国で8,000か所というロードサービスが最大の魅力。
保険料の見積もり相場が、今回他の2社に比べて高めになったため3位となりましたが、その保険名通り事故率の少ない40代・50代への割引率を高めに設定しているので、その年代の方には一押しです。

最後は必ず自分の目でチェック!

今回おすすめしたのは、あくまで仮定した条件下での保険料や、その年代にあった補償を得られるものを評価したランク付けです。
もっと若い世代の方や年配の方、家族の多い方など条件が変われば、その保険料も求める保証やサービス内容も大きく変わります。
ですので、最終的には自分の条件を各自動車保険会社の見積サイトで入力し、求める補償内容でどれぐらいの保険料になるのか直に見て、加入先を決めるべきです。
「保険の窓口インズウェブ」では、最大20社からの見積もりを、わずか5分程度の条件入力で一気に確認できるので便利。
今回のランキングに登場したところ以外の保険会社も多く参加していますので、もしかしたらもっと安い自動車保険もあるかも。
また、この「保険の窓口インズウェブ」では値段面の比較だけでなく、自動車保険についての豆知識や、良い保険の選び方などに触れたコラムも充実しているので、そちらも自分に合った自動車保険探しに活用してみてください。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70