免停になった時の違反点数と停止期間

交通違反をして課せられる違反点は加算式になっていて、その累積違反点数が6点に達した時点で免許停止処分、つまり免停となります。
駐車違反や携帯電話保持、さらに整備不良など一般的に軽微とされている、違反点数1点や2点の違反でも数度繰り返すと免停になってしまいます。
また、免停に値する点数に達した時点での点数によって、その免許停止期間が異なり、

上表のようなシステムになっていますが、みればわかる通り過去に免停処分を受けているケースでは早い段階で処分され、その期間も雪だるま式に長くなるようになっています。
初回の場合、15点に達した時点で免停ではなく取り消し処分となりますが、免停も含めこの処分がされるこの違反点数累積については、

累積点数(横)

処分履歴(縦)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
0回         30 60 90
1回     60 90 120 取り消し
2回 90 120 150 取り消し
3回 120 150 取り消し
4回以上 150 180 取り消し

1、1年以上の無事故無違反でリセット。
2、2年以上無事故無違反の場合、その後の軽微な違反による累積は3ヶ月でリセット。
3、免停された時点で違反点数はリセット、処分履歴回数がカウント開始。
4、免停処分終了後1年間美仕込み違反で前歴がリセット。

という各リセットの条件があり、わざとそれで違反点累積をリセットさせる愚かな考えをお持ちの方はいないと思いますが、3を除き最低でも1年は無事故無違反を続けることが必要となってきます。

反則金・罰金の額はケースバイケース

一発でこの6点に達する交通違反には、

無車検走行
無保険走行(自賠責保険のみ)
時速30km以上に達するスピード違反(一般道)
時速40km以上に達するスピード違反(高速道路)

などがありますが、飲酒運転や無免許運転など重大な違反は当然長期の免停や、それを飛び越えて免許取り消し処分になる可能性も。
さらに、上記で紹介したものはもはや交通違反としてだけの行政処分に留まらず、前科の残る刑事罰の対象となっているため、十二分にその違反をしないよう留意が必要です。
また、基本的に刑事罰である罰金の方が、軽微な違反に課せられる反則金が積み重なった場合の総額よりもより高額です。
加えて、もしその支払いができないもしくは拒んだ場合は、その違反の重篤さに応じて禁固や懲役刑を科せられて、極端に言うと「牢屋行き」になってしまう可能性も出てきます。

免停で車に乗れない!ならば売るべきなの?

免許が停止されると自動車に乗ることはできず、所有している車が無駄、なら売ってしまった方がいいのかという疑問を持っている方がいます。
しかしそれは先走りし過ぎ、取り消し処分はともかく免許停止は期間限定の処分であり、それぞれ期間を短縮させる手段も残されています。

初めて免停になった方への違反者講習

過去3年間受講したことが無く、軽微な違反の累積で30日の免停処分を受けた方が受けられるのが違反者講習で、この受講によって免停処分が免除されます。

コース名 内容 所要時間
社会活動の体験講習 社会活動(注) 3時間
座学 2時間30分
テスト 30分
実車による安全運転講習 実車による実技指導等 3時間
座学 2時間30分
テスト 30分

(注)児童や高齢者の安全な歩行誘導や、道路清掃など。

上表で示した2つのコースが用意されていて、それぞれ日中いっぱいかかるほどの長い時間と、

  運転免許証
 •違反者講習通知書
 •印鑑
 •筆記用具
 •運転に適した服装(実車による安全運転講習の場合)
 •受講手数料(社会活動9,950円、実車講習14,100円)

などの準備が必要ですが、免許停止処分が免除されるのであれば、車を売却する必要は全くありません。

前歴がある方の免許停止期間短縮方法

一方初めての免停処分でも60日・90日の停止処分を受けた場合や過去3年のうちに上記の講習を受けたことのある方、さらに複数回免停処分を受けた履歴の残っている方は完全に処分を免除する方法はありません。
ただし、運転免許停止処分者講習、通称「免停講習」を受けることで停止期間の短縮をしてもらうことができます。

講習名 免停日数 最高短縮日数 受講費用
短期講習 30日 29日 12,800円
中期講習 60日 30日 21,000円
長期講習 90日 45日 25,200円
120日 60日
150日 70日
180日 80日

 

上表がその詳細で、短期講習はその所要時間が6時間と違反者講習と同程度ですが、最後に行われるテストの結果で決定する、短縮期間の最高が29日で完全免除になるわけではないため、講習修了当日は運転できないことを覚えておきましょう。
一方、中期・長期講習は短期講習と同内容の1日目に加え、運転適性についての診断やそれの基づく指導などが中心の2日目の講習もあり、トータルで10時間以上かかってきます。

免停になったら車を売った方がいい場合

前項で述べたように免除や短縮などの制度が引かれているため、免許の停止処分だけで車を売るというケースは、それほど多くはありません。
ただ、免許の取り消しおよび、長期にわたる免許停止を言い渡された場合、飲酒運転などかなり重い交通違反をしてしまっている可能性も。
その場合、罰金も高額になってしまうことも考えられるため、そのねん出のために車を売却する、というケースは十分考えられます。
また、度重なる免許停止処分を受けている方は、大きな違反によるものではなくとも、免停講習でも実施されているように、運転に適性を欠いていると自分で判断することも、時には大切かもしれません。
免許停止処分重く受け止めいったん車を手放し、停止期間中は「反省期間」としてけじめをつけるのも、以後の安全運転に繋がってくる1つの方法かもしれません。