自動車保険の内容更手続きの方法


・自分で変更をすすめなければいけません

強制保険である自賠責保険は、簡単にいうと人ではなく車にかかっているので、買い替えの時の車検や名義変更時に、半自動的に継続をするので問題ありません。
ですが、買い替えで手に入れた車はその時点では任意保険に加入していない車、継続中の自動車保険があっても次期車両にそれを移していない場合では、補償を受けることが不可能です。
つまり、自動車保険では買い替えなどで車両が変わったら、必ず変更手続きを自分でしないといけません。

・切り替えはいつ頃が一番?タイミングのいい時期

車の買い替えに伴う自動車保険内容の変更を、業界では車の「切り替え」、もしくは「入れ替え」と言います。
車を買い替える場合、そのパターンは大きく3つ、

  • 1、ディーラーでの新車の購入
  • 2、中古車販売店での購入
  • 3、個人間取引での購入

がそれに当たります。
次期車両を乗り始めるタイミングで、車の切り替えができていれば全く問題ないわけですが、1と2の場合、そもそも買い替え前の車両を下取りや買取をしてもらうことも多い。
その引き渡し日と納車日、つまり次期車両の乗り出しが同日であることがほとんどですので、「納車日」が保険の切り替わるべき、ベストタイミングと言えます。
一方3の場合、特に見ず知らずの相手とのネットでの取引などの場合は新旧の車の引き替えなどがないことが多く、旧車両の廃車や買取専門店への売却などのタイミングで前もって、もしくは次期車両納車後に、車の切り替えをする必要が出てきます。
また、買取専門店や廃車業者など次期車両を買うところ以外で、旧車両を売却・廃車する場合も同様。
どちらも前もって売却・廃車する場合は、その車両につけていた自動車保険をこのあと紹介する手順に沿って、次期車両の納車日までに切り替えすれば問題なし。
ただ、納車後に売却・廃車をする場合は、納車日に合わせて自動車保険を移動する必要があるので切り替え後、「旧車両には自動車保険が残っていない」ことを忘れないようにしましょう。

内容変更の連絡はいつからいつまでの間にすればいい?

前項までにお伝えしていたのは、実際に補償の対象が次期車両に切り替わるべきタイミング、ここではその手続きをいつまでにすべきで、いつからできるかという点の説明をします。

・書類はなにを準備すればいい?

これがいつから変更手続きをできるかというポイントなのですが、自動車保険に置いて車が切り変わることを連絡しその補償対象にするためには、新しく乗り始める車両の車検証が必ず必要です。
つまり、新車購入による乗り換えの際はその初回車検が終了した時点で、自動車保険変更の手続きがスタートできます。
コピーさえあれば手続きができるので、車検・名義変更が完了次第連絡してもらい、郵送もしくは近くなら取りに行って、保険会社に提出をすれば変更可能です。
代理店型ならすぐに変更可能で、ディーラーが今使っている保険の代理店である場合は、すべてお任せの変更もできます。
ただし、通販型の場合は、変更の連絡を入れたら申請用紙などが郵送されてきて、それに記入車検証と一緒に送り返して数日で、補償対象車両の切り替えの処理がなされます。
車検証のコピー提出だけでも、ほとんどの場合郵送での手続きになるので、車検証のコピーが手に入るタイミングになったら、すぐに手続きを開始しましょう。

・中古車の場合だと変更方法が異なる?

中古車の場合は、自分名義になった車検証が保険の変更のためには必要となるので、名義変更の完了時点から自動車保険の変更鉄付きを開始することができます。
中古車販売店は車検切れの車を売ったとき、その継続車検と名義変更を一緒にやるので新車の時と全く同じ手順。
車検が残ったいる中古車を買った時のみ、名義変更終了後に連絡をもらいようにすれば、その後の変更方法については全く新車購入時と同じです。

・いつまでに手続きをするべきか

いつまでに手続きをしないといけないかについては、上記で説明した通り次期車両の乗り出し開始時点には完了しておかねばならず、「納車日まで」というのがその期限です。
念のため各保険会社は、買い替えによる車両変更の際は納車までにその手続きが間に合わなくても、30日間はその補償をする、

「車両買い替えにおける自動担保特約」

という特約を付けているので、猶予は若干あります。
ですが、ずるずると伸ばしていると、あっという間にその30日を過ぎ、補償が受けられなくなります。
また、旧車両は古かったが今度は新車で車両保険をつけたい!、といった場合などには一刻も早く内容変更をすべきですので、納車日に間に合うように速やかに行うことを、筆者的にはおすすめします。

・事前に車を手放す場合

1つ知っていてほしいのが、一般的にユーザーが納車と考えているのは自分の手元に新しい車が到着した時点でしょうが、保険会社的に納車と考えるのは車の名義がユーザーになった時点、つまり名義変更の完了をもって「納車」と判断します。
その反対に、自動車保険で補償をする必要がなくなるのは、記名被保険者が申告してい車両の持ち主ではなくなった時点から。
ですので、乗り替えに合わせて事前に廃車や売却をしたときは、その名義変更や抹消がされ、時点から自動車保険の変更が可能です。

・等級はどうなる?

ノンフリート等級は、記名被保険者の運転・保険使用歴に関わって変わるので、いくら車両が切り変わっても、事故によって廃車などをし保険を使用したケースでの乗り換えでない限り、一切変化することはありません。

・保険料が変更になる可能性も

等級は変わりませんが、車にはそれぞれ年式や車種ごとに「料率クラス」というものが定められています。この料率クラスはその車種の事故発生データや安全装備の充実度、多く所有しているユーザーの年齢層などなど、あらゆる保険支払発生リスクを分析、非営利団体が毎年1回公開しています。
車両が変わるとこの料率クラスが変わる可能性があるため、保険料に変化が生じる場合があります。

車を買い替える時、ついでに自動車保険を変更するなら

・買い替え=保険の変更になるケースも

ここまでは自動車保険会社を変更するのではなく、申告していた車両の変更によってしなければいけない手続きを説明してきました。
ただ、自動車保険は一般的に1年契約で、その加入開始のタイミングは車に乗り始めたとき。
そして、車の買い替えをするのは車検切れのタイミングが多いため、乗り換えと自動車保険の満期が揃うことが多いでしょう。
上記でも少し触れた車両保険加入の有無や、

車両が変わったことでの料率クラス
転勤・転職などに伴う年間走行距離
結婚やお子様の成人等による運転者範囲

などが変化することもあり、そうなると保険料も大きく違ってくるため「自動車保険自体の変更」も視野に入れておく必要があります。

・満期の自動車保険変更の仕方

前項で述べた通り、満期と車の乗り換えが同タイミングの時はいたって簡単。
自動車保険は多くの場合、満期が来た時点で自動的に脱退するスタイルになっているので、満期の1ヶ月前程度までに届く継続のお願いをスルーして、あらかじめ目星をつけていた新自動車保険の加入手続きをすればOKです。
大体の自動車保険が、旧契約満期日の3ヶ月前辺りから手続きを受け付けているので、次の車の納車日がわかったら、その時点で早めに手続きをしておきましょう。

・継続中の時はどうするの?

一方、車の買い替えと保険の満期が食い違っている場合では、少しだけ手間がかかります。
まず、変えたいと思っている新保険の加入手続きを進め、その補償開始日を車の納車日に。そして同時に、旧保険の解約手続きを進め解約日をこちらも納車日に設定するという、2重の手続きをしなければいけないからです。
解約自体は各保険会社の電話連絡後、送られてくる解約申込書などに納車日に設定した解約日の記入や署名をし、捺印して郵送すれば完結しますのでそれほど複雑ではありません。
そうすれば、年払いしている場合は日割り計算され保険料が返還されますし、月払いの場合は翌月の支払いから、引き落としなどが停止します。

・等級はどうなるの?

保険料を大きく変える等級ですが、満期での変更はもちろん、途中解約後の変更でも引き継がれますので安心を。
ただし、等級の引継ぎがされるのは、

「旧契約解約から新契約の開始までが7日以内」

の場合に限られますので、途中解約を進める場合は速やかに新規契約の加入手続きも開始しましょう。

旧車両を手放すのと、新車両の納車日が大きく離れる場合

しかし、車の乗り換え方はいろいろ、中には売却を先にして頭金を手にしてから、じっくりと次の車を探すという方もいるはずです。
また既に廃車をしていて、その後乗り換えのための車探しを急いでいる方もおられるでしょう。
こんな時、旧保険を解約すると7日間の等級引継ぎ期間をオーバー、せっかく上がっていた等級がチャラなんてことになりかねません。
このケースでは、加入している保険会社に連絡して「中断証明書」を入手しましょう。
この中断証明書さえあればなんと10年間、今の段階での等級を次期契約へ引き継ぐことが可能です。

中断する理由 必要な書類
車を廃車にした 廃車の事実とその日付が確認できるもの(解除事由証明書など。廃車の手続きをしたときに陸運支局で発行)
車を譲渡(売却)した 譲渡の事実とその日付が確認できるもの(登録事項等証明書など。陸運支局または自動車検査登録事務所で発行)

上表のようなものが必要となるものですが、各保険会社で微妙に中断証明書の発行条件が違いますので、実際に入手するときは自分の保険会社に事前問い合わせをしてください。
また、中断証明書でメリットがあるのは新規契約での6等級以上の方、つまり7等級からですので、それ以下の方はわざわざ入手する必要はありません。

家族間で車を乗り換えたときの変更手続きはどうなる?

・いくら家族でもしなきゃいけません!

買い替えによって自動車保険の内容変更をする方法と、自動車保険自体の変更の手順をこれまで詳しく説明しました。
ですがもう1つ、家族の中で乗る車を変えるという事も生活を送る中ではありえます。
「他人じゃないしいちいち変更おいてもいいのでは?」はNG、この場合もきちんと申告しないと保険金の支払いがされないケースも出てきます。

配偶者などと車を乗りかえした場合

家族の間で車を乗り換えたときも、買い替えによる内容変更と全く同じ手順で、車の切り替えをしましょう。
両者がそれぞれの自動車保険に加入している場合は、その等級などの変化はなく、料率クラス変更による差額のみ、という保険料の変化も買い替えの時と同じです。

車ごと子供に自動車保険を譲る方法

ちょっと乗り換えとは外れますが、定年や職場への通勤が電車通勤になったりして所有する車に乗る必要がなくなり、その車を子供に譲るというケースもあります。
このときお子様が若い場合改めて自動車保険に加入すると非常に高い保険料を支払うことになりますが、自身の等級が15や20等級などになっている場合、車ごとその高い等級ごと自動車保険を譲り渡すことが可能です。
この時の条件は、「親と譲り渡したい子供が同居」という一点のみ、あとは加入している保険会社に連絡することにより、自動車保険の「名義変更手続き」をすすめれば非常に大きな保険料の節約になるのでおすすめです。

改めて車が必要になったらどうする?

子供に車ごと自動車保険を譲ったが、再度車を運転する必要が出た場合はどうしたらいいのでしょう。
この時は、子供さんから再度自動車保険を取り戻すより、年齢の高い親御さんが新規で自動車保険に入ったほうがお得です。
なぜなら、ほぼすべての自動車保険には年齢制限による割引があり、年若い子供さんより親御さんの方が基本的には割引率が多いからです。
ただし、近年高齢者による交通事故の増加などで、60~70歳の「シルバードライバー」の割引率を大きく下げている自動車保険も増えてきました。
ですので、「保険の窓口インズウェブ」などといった、一括見積サイトを活用して複数の保険料を比較。
ついでに、お子様の条件でも比較をしてみてどちらがお得か調べると、失敗なく自分の家族に見合った、自動車保険を見つけることができます。