アクサダイレクトはどんな保険?

・アクサダイレクトとは

世界最大の保険事業グループであるアクサグループの一員、ネットでその手続きがすべて完了できる通販型の自動車保険並びに、生命保険を取り扱っているのがこのアクサダイレクトでその設立は2006年。
元はSBI損保とは同グループでしたが、経営方針の違いから2010年独り立ち、通販型自動車保険としてはソニー損保に次ぐ売り上げ2位グループの筆頭として年々その加入者を増やしてきています。
親会社がフランスにあるいわゆる外資系の保険会社であり、国内の保険会社と違って参入当初は「撤退や破たん」などを危ぶむ声がありました。
しかし、アクサダイレクトの場合経営実績は非常に優秀な上、アクサグループという強大な後ろ盾があるのでまず軽破たんは考え辛く、撤退に関しても同社は公式サイトの中で日本を重要な市場ととらえていることをアピール。
さらに、万が一損害保険会社が破たんした時、その加入者の利益を保護する「損害保険契約者保護機構」にこのアクサダイレクトは参加しているので、安心して加入できる外資系自動車保険として評価を集めています。

アクサダイレクトは家族で入れる?

アクサダイレクトでは、加入者の年代や家族構成、カーライフのスタイルに対応した豊富な加入パターンの提案をしており、家族ぐるみで加入することが可能です。
例えば、最近車を購入したばかりで運転歴も長くないので、手厚い補償と車両保険をつけたい20代独身、一人暮らしの男性の場合では、

     基本補償          補償内容
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
自損事故保険 人身傷害保険特約で補償
無保険車傷害保険 2億円
人身傷害保険特約 搭乗中のみ3,000万円
搭乗者傷害保険 なし

車両保険金額・・・175万円(ダイハツタントを新車購入したケース、車種や車体価格によって変化)
免責金額・・・10万円(この金額以下の軽微な修理板金などでは保険が下りない)
身の回り品保険金額・・・10万円(車両保険が適応される事故で身の回りにおいていたり、トランクに積んでいた物に損害が生じたときに支給、貴金属や有価証券などは除外)

という補償内容などモデルケースとしてHP上でも提案しており、その保険料は1年で10万9910円。(インターネット割引適用後)
一方、マイホームのローンなど出費も多く自動車保険にかけるお金を極力抑えたいと考えている、お子様1人、夫婦二人の3人家族の35歳男性でワンボックスにお乗りの方のケースでは、

     基本補償          補償内容
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
自損事故保険 人身傷害保険特約で補償
無保険車傷害保険 2億円
人身傷害保険特約 搭乗中のみ5,000万円
搭乗者傷害保険 なし

という、一家の主として万が一事故でけがをしたときの障害補償をアップさせた内容で、保険料を抑えるために車両保険を付加しない契約を提案。
こちらの場合は、年で17,160円という非常に安い保険料で加入ができることをアピールしています。

また、搭乗者傷害保険を付加した場合には、

【ファミリープラス】

1、搭乗者傷害保険の医療保険金支給額が2倍にアップ。
2、満18歳未満のお子様の後遺障害保険金支給額が2倍にアップ。
3、主婦、主夫など家事従事者が事故で入院した場合、3日以降の入院1日当たり5,000円の家事労働費用を支給。
4、事故で目立つところに傷跡が残ったケースでの、形成手術費を最大10万円まで支給。
5、ご家族が日常生活で起こった事故で他人やその財産に損害を与えたとき(自動車の運転以外の偶発的な事故)、その賠償金を3,000万円を限度に支給。

【レディースプラス】

上記の2,3以外の補償に加え、高級バックや化粧品など携行品の多いことのある女性ドライバーのために、携行品偶然な事故による損害に対して30万円まで保険金を支給。(免責3,000円)

【ペットプラス】

車に同乗したペットがけがをしたときや死亡した場合、その治療費や葬祭費用として10万円を限度として支給。
さらに、ペットがいたずらして他人もしくはその所有物に損害を与えたときも、3000万円まで保険金を支給。

といった、まさにファミリー層を意識した特約パッケージ、「アクサ安心プラス」を追加することができます。
これは、世界最大の保険グループであり生命保険商品も多く展開するアクサらしい特徴的な特約。
家族が多く日常的な事故のリスクが高まる場合や、運転する機会がある人数が多い方や、ペットを飼っていて家族とともによくお出かけをするユーザーなどから、非常に高い評価を受けています。

見積もり方法

通販型自動車保険の大手である、こちらの見積もりは公式HPでパソコンやスマホ、さらに用意されているフリーダイヤルに電話することで、簡単に入手することができます。
また、「保険の窓口インズウェブ」のような一括見積サイトのほとんどに参加しているので、それを利用すれば他社との保険料や、特約内容の比較などもできおすすめです。

更新方法

アクサダイレクトは1年契約、契約の満了時期が近づくと自宅に送られてくる更新案内に沿って手続きすれば、すぐに更新契約を結ぶことができます。
また、公式HPでは「マイアクサ」というユーザーファイルが用意されていて、そちらで更新に関する手続きを完了することも可能となっています。

ロードサービス

アクサダイレクトのロードサービスは、「AXAプレミアムロードサービス」と名付けられていて、

  • 1、ロードサイドサービス・・・

バッテリー上がり時のジャンピングやバッテリーの交換(バッテリー購入費用は自己負担)、インロック解除やスペアタイヤ交換など、主に自走できなくなった時のトラブル対応をしてくれるサービス。
特筆は、2年目に継続した時のパワーアップで1年目は自己負担だったガス欠時のガソリンを、10Lまで無料提供さらに自動車ではなく自宅の玄関キーを紛失した時も専門業者を無料で派遣、緊急開錠をしてくれる。

  • 2、距離無制限のレッカー移動

(アクサダイレクト側が指定する最寄り修理工場まで)と、落輪引き上げサービス。

  • 3、修理後車両無料搬送

、並びに事故引き取り時の片道1人分交通費の支給。(税込み5万円まで)

  • 4、事故で帰宅不能になった際の搭乗者全員分とペット1匹分宿泊料の支給や、帰宅旅費の支給。

の4つを主な柱に、幅広いサービスと補償を用意しています。

支払方法

アクサダイレクトでは1年分を一括、もしくは分割で支払う方法が用意されています。
ネットでの契約の場合の支払い方法は、

クレジット決済
コンビニ決済(オンライン)
コンビニ決済(払い込み用紙郵送)
オンライン振り込み(銀行orゆうちょ)

の4パターン。
また、分割支払いの場合クレジットでなら12回分割が可能、口座振替の場合は最初の3ヶ月粉を支払ったあと、残り9ヶ月分を指定した口座から分割で引き落としする、2パターンから選択することができます。

解約方法

通販型自動車保険の基本スタイルですが、郵送されてくる更新案内をスルーもしくは、満期が来るまでに自分でマイアクサから更新手続きをしていない場合、自動的に解約となります。
また、何らかの事情で途中解約をしたいときは、コールセンターに電話するか公式HPのマイアクサにログインして、その案内に従って手続きをすすめれば解約することができます。
クレジットや、口座振替での分割支払いをしている場合は翌月からその決済が止まり、一括で支払っている場合は、その時期に応じた返還金が発生します。

アクサダイレクトのその他特徴


・約款は必ず確認しましょう

これは何も、アクサダイレクトだけに言えることではないのですが、自動車保険はじめ保険という商品はその保険料の支払いに関わる取り決めが非常に細かく、非常に多岐にわたって決められていて、それは「約款」といわれる文面に記載されています。
専門用語が多く、一般ユーザーにはわかりにくい表現もあって読み解くのは大変ですが、いざというときの保険金支払いにかかわる重要な事項も記載されているので、自動車保険に加入するときには念のためチェックしたほうが◎。
基本的に通販型自動車保険では、公式HP内で約款を確認できるようになっていますが、アクサダイレクトを含む外資系自動車保険は、国内企業よりこの約款での取り決め違反に対して厳しい判断を下す傾向にあるので、よりチェックの必要性も増してきます。

・紹介キャンペーンはどんなもの?

次期や保険会社によって変わりますが自動車保険を展開している企業は、よく加入キャンペーンを行うことがあります。
このアクサダイレクトの場合、現時点で行っているのは「紹介者キャンペーン」。
アクサダイレクトに加入している方が対象で、その家族や友人をアクサダイレクトを進め、その方が見積もりをするだけで図書カードが。
紹介された相手は、その見積もり結果から契約をした場合保険料から1,000円割引になるキャンペーンで、紹介した側もされた側もどちらも得する「WIN-WIN」なキャンペーンとして話題を集めています。

評判はどんな感じ?

最後に、このアクサダイレクトの自動車保険の評判をいいもの悪いもの含めてあげて、総評を述べて締めたいと思います。

上記の評判以外にもネットで検索してみたアクサダイレクトの評判をざっくりまとめると以下のようになります。

【いい評判例】

・ロードサービスが充実していたし、「案外」事故対応も良かった。
・CMをよく見るので見積もりだけ、と思っていたがとても安い保険料だった簿で加入した
・家族とペットのための補償が手厚いのが魅力。

など。

【悪い評判例】

・冬場バッテリーが上がってロードサービスを呼んだが、到着が遅くて寒い思いをした。
・最安、という訳ではないし更新時の割引が1000円なのでほかの保険への乗り換えも…
・事故対応対応する担当者がコロコロ変わるから不安。

など。

【総評】

口コミなどを見ていると、アクサダイレクトはその保険料が安めな割に、ロードサービスや事故対応などが優秀という声が多くを占めていました。
また、悪い評判の中に電話で対応する自己担当者が変わるという指摘がありましたが、これはアクサダイレクトがそれぞれ様々な事故パターンによって、細かく担当部署を分けている「分業制」を取っていることが原因と考えます。
ただ、ユーザーに不安を与えないよう、情報の共有化が進めばもっと品質がアップするのではないかと考えます。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70