自動車保険でその保険料が大きく変わってくるのが等級と、記名被保険者の年齢です。
41歳になった時点でその保険料を抑えられる自動車保険も存在するため、今回はその選び方などついて説明してみたいと思います。

41歳になると自動車保険の価格が変わる?

人生において、酸いも甘いもイイことも悪いこともいろいろなことが見え始め、迷いがなくなるころとして、古来から40歳は「不惑」の年と言います。
自動車の運転についてもそれが言えるようで、運転技術の向上と併せて運転に迷いがなくなり、その事故率もグンと下がってくるのがこの41歳以上という年代の特徴です。
一般論だけでいえば、この年まで安全運転を続け事故もなく、保険の適用を受けていないケースでは多くの方が、

ノンフリート等級が最高の20等級
ゴールド免許の保持

などによって、大きな割引を得られている可能性が高いためその保険料が総じて安い。
さらに、運転者の年齢制限を、

30歳以上補償
35歳以上補償

などに設定できることもその要因ですが、リスクの細分化が進んでいる通販型自動車保険では、その他に前述した「事故率の低さ」によって、割引を適用していないケースでもその保険料自体を安く設定しています。
ノンフリート等級や、ゴールド免許保持による割引率はさほど差がありませんが、リスクの細分化による大元の保険料は各社大きく違いがあるので、41歳を越えたら一度今の自動車保険以外の保険代を、チェックし直してみたほうがいいでしょう。
ただし、それも65歳を超えてくると、加齢に伴うに反応速度の否応ない衰えなどから、事故リスクが上がると判断する保険会社も多い。
その保険料を、大きく上げている自動車保険もあるので、その年代に差し掛かったときも、保険料を含めて自動車保険内容の見直しをした方がいいタイミングといえます。

41歳以上の方におすすめの自動車保険

確かに本人の年齢によって、41歳以上の方の保険料は安くなりますが、この世代の方が強く意識しなければならないのが、家庭内で契約車両に乗る場合がある方に対する配慮。
というのが、この年代になると子供が運転をできる年齢に達するケースもあり、その保険料も気にしなくてはいけないからです。
例えば、お子さんが18歳で自分の車を運転する時がある場合では、運転者範囲や年齢制限を、

「家族限定」・・・同居の親族が運転している際に保険が適用される
「全年齢」・・・免許さえ保持していれば何歳の方が運転しても補償が受けられる

などに変更をする必要があり、そうなると30代の時より保険料が上がりますが、それをしないと万が一の際、保険金が下りないことになりかねません。
ですので、41歳以上の方におすすめの自動車保険を考える際には、運転者範囲や年齢制限を変えたときの保険料もチェックしておくべき、ただそんな自動車保険探しをコツコツとやるのは大変な作業です。
しかし、「保険の窓口インズウェブ」では、40代50代に人気の高いセゾン保険の「おとなの自動車保険」を含む、最大20社からの見積もりが受けられ、41歳以上の方にピッタリの自動車保険が簡単に探せるので便利。
上記で保険料がアップする可能性があると触れた、65歳以上の方向けのお得な自動車保険も同時に探せるツールなので、併せておすすめです。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70