20歳の若者

20歳と言えば成人、車デビューは社会人デビューの1つで、強制保険である自賠責はもちろんですが、任意保険の自動車保険への加入も社会人としてのマナーです。
そこで今回は、どうしても保険料が高くなる「20歳」の自動車保険について、その相場やおすすめの自動車保険、さらにそれを節約するコツなどについて紹介していこうと思います。

20歳、高いけど自動車保険には必ず加入しましょう

成人となる20歳からは、自分の意志だけで車も購入できますし自動車保険に加入できるわけですが、その高い保険料を嫌って加入を渋る方も多いはずです。
ここでは、なんとかそれを安く上げるための方法をいくつか紹介していきますので、それを参考にして加入することを強くお勧めします。

20歳の自動車保険料決定事項その1「本人限定割引の利用」

20歳の自動車保険が割高なのは、統計的にまだ運転技術の伴っていないこの世代の事故率が非常に高いからで、こればかりはどの自動車保険を選んでもいかんともしがたいところ。
ゴールド免許割引も物理的に受けることはできませんし、年齢制限による大きな割引も最年少でも21歳からしか受けられないので、節約する方法がなさそうに感じられます。
唯一受けられる割引は運転者範囲を本人限定にすること、若い世代の場合「自分の車に乗るのは自分だけという」ケースも多いので、利用すると多少ですが保険料を下げることができます。

20歳の自動車保険料決定事項その2「車両保険」

若い世代はその事故率が高いのは事実、ですので対人や対物補償は無制限に、人身傷害保険などについても厚くしておいた方が無難で、そこを減らして保険料を下げるのはおすすめできません。
ただし、自分の車に対する補償である車両保険を外すことで、大きくその保険料が下がってきます。

例を挙げて説明すると、通販型大手アクサダイレクトの公式サイトで

記名被保険者 車種 年式 運転者範囲 年間走行距離
20歳男性 スズキワゴンR H29 本人限定 5,000km以下

の条件で、175万円の保険金額の車両保険を免責5-10万円でつけた場合、その年間保険料の見積もりは「23万8,410円」という非常に高額なものとなりました。
一方車両保険を外すとそれが一気に、「12万2,770円」に下がり、その差額はなんと11万円を超えています。
また、この差額も今回例に挙げたワゴンRではなく、普通車で車両保険料がアップすると広がってきます。
初めて車を買って、それが新車の場合は車両保険をつけたいところですが、それに伴って大きな保険料を支払うことを覚悟しなければいけないということ。
しかし、その購入にあたってのカーローンの支払いとこの自動車保険料を同時に支払っていくことになるため、かなりの経済的負担がかかってきます。
「いや何とか頑張ってみる」という方を止めることはできませんが、21歳、26歳となってくると等級もアップし、年齢制限による割引も受けられ保険料がグンと下がってきます。
ですので、新車購入はそこまで我慢して、保険料が高いうちは車両保険の必要性が少ない、もしくはかけることのできない、リーズナブルな中古車に乗るというのも1つの手です。
ちなみに、アクサダイレクトと同じ通販型のソニー損保の場合は、そもそも20歳では車両保険に加入することを、2017年現在では一切受け付けていません。

20歳の自動車保険料決定事項その3「ノンフリート等級は何がいい?」

等級について何がいいって、それは「63%」もの割引率を得られる最高の20等級がいいに決まっています。
しかし、20歳になって初めて自動車保険に加入した時は、6等級の10%割引が適用されそれによって保険料が決まっていきます。
この等級は1年無事故で保険の適用を受けないことで、初期加入の6等級から1つずつ上がっていくので、18歳から自動車保険に加入している20歳の場合なら、通常8等級の28%割引が適用されます。
ただ、後で述べますがこれを1つだけアップさせる手があり、そうすれば33%の割引率を20歳時点でゲットすることも可能です。

20歳におすすめの自動車保険の相場

ズバリ言うと、20歳におすすめしたいのは、比較的その保険料が安上がりの「通販型自動車保険」です。
その相場については、車両保険無しの場合上記で紹介したアクサダイレクトの保険料が最安レベルで、軒並み13万円から15万円あたりがその相場と考えられます。
ただし、同じ20歳と言ってもユーザーはそれぞれ状況が違うため、車種や年間走行距離などの条件や車両保険の追加、さらに求める補償内容が変わるのが当然。
それらが変われば、最安保険料相場は変わってきますし、どの保険会社がそれに該当するかこの場で断言することはできません。
元の保険料設定が高く、特に車両保険を付けるときは大きく保険会社ごとの保険料が変わるので、「保険の窓口インズウェブ」などといった一括見積サイトの活用は「必須」とすらいえます。

20歳未満におすすめの自動車保険

20歳未満、つまり未成年におすすめの自動車保険についても、その保険料の決定事項はたいして変わらないため、前項の20歳におすすめのものと何ら違いはありません。
ただ、18歳になると免許が持てるため車を運転し始める方もいますが、自動車保険への加入は親権者の承諾、もしくは親権者の契約でしか加入することができません。
このとき、

1台目の車の自動車保険等級が11等級以上
1台目及び2台目の所有者が個人で、車種が自家用8車種であること
2台目の所有者・記名被保険者が配偶者並びに同居の親族であること

という条件を満たした場合、多くの保険会社が用意している「セカンドカー割引」の適用が受けられます。
これにより、18歳・19歳さらに、20歳の新規加入でもその等級が6等級ではなく7等級からスタートすることができます。
「たった1等級じゃん!」というなかれ、仮にノンフリート等級割引適用前の車両保険無しの保険料が、「15万円ジャスト」だと仮定すると、

等級 18歳時保険料 19歳時保険料 20歳時保険料 総額保険料
6等級スタート 135,000円 115,500円 108,000円 358,500円
7等級スタート 115,500円 108,000円 100,500円 324,000円

と、上表のように単純計算ではなりその差額は実に34,500円、車両保険付きですとこの差額がもっと大きく膨らみます。
つまり、このセカンドカー割引の利用が20歳時点で等級を1つ挙げる手段、もし学生さんなどで「実家通い」の場合なら利用すると、保険料の節約に大きくつながります。
難しい手続きもなく、自分が一括見積などで見つけた保険会社と違う保険会社に親御さんが入っていても適用可能なので、条件が合う方は親御さんにちょっと頼んでみるのもいいのではないでしょうか。

軽自動車でおすすめの自動車保険

一方軽自動車、しかも4ナンバーの貨物に限りますが、通販型で全年齢にするより、代理店型で「業務用」として加入したほうが、安上がりなケースがあります。
ただ、そうではない乗用の軽自動車の場合では、やはり通販型の自動車保険の方が割安でおすすめです。
また、普通車には「料率クラス」が存在しそれで保険料が決定しますが、軽自動車にはそのクラス分けが適用されないため、普通車より通常その保険料が安めに設定されます。
20歳以下のユーザーはその、自動車保険料がここまで見てきた通り高いので、軽自動車にするとその税金や車検代などの維持費を抑えることに合わせて、保険料の節約にもつながります。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70