18歳の自動車保険に初めて入る男性

日本で運転が可能になるのは満18歳、運転免許証を取得すると同時に、車に乗り始めるという方も多いのではないでしょうか。
ただ、車社会に飛び込んだばかりの18歳が、用心のために自動車保険に加入しようとすると、その保険料がべらぼうに高い。
そのため加入をせず、お金を浮かせようとする方もいるのですが、それは万が一事故を起こしてしまった時、非常に大きなリスクを伴います。
そこで今回は、18歳が新規で自動車保険に加入した時の保険料相場や、それを安く済ませるための方法を伝授。
さらに、数ある自動車保険の中でどの自動車保険が最も安く保険料を抑えられるのか、その探し方も含めて説明していきたいと思います。

18 歳から入れる自動車保険

まず、未成年である18歳の段階で、自動車保険に加入、契約を自分ですることは可能なのか?という疑問が発生します。
まずはこの疑問点から整理をし、どのような手順で18歳の方は自動車保険に加入しなければならないかを知っていただこうと思います。

すべて自分の力だけで加入することは不可能

自動車保険では、

契約者・・・保険会社に対して、保険料の支払い義務が発生する方。
記名被保険者・・・主たる運転者のことで、実際に補償の対象になる方。

というものがあり、結論を先に言えば、18歳・19歳の未成年の方が、このうちの契約者になることは原則できません。
つまり、18歳の方が自動車保険に加入する場合は親権者に契約者になってもらい、記名被保険者として自らの名前で申し込んでもらう、という方法を取らなくてはいけません。
ただ、一部の代理店型自動車保険(損保ジャパン日本興亜など)では、親権者の同意書の提出によって、未成年者自身での契約を可能にしている所もあるので、詳しくは各損保の公式HPなどをご確認ください。

18歳での自動車保険契約が可能な例外事項

しかし、すでに両親が亡くなっていたり、何かしらの理由で自らが契約者にならないと自動車保険に加入できない、というケースもあります。
両親の死亡などで、親権者に契約者になってもらうことができない・同意書の入手が不可能である場合では、親族などの中から家庭裁判所で特別代理人という人を選任してもらい、その人に手続きを頼むことで加入が可能になります。
また、18歳でもすでに結婚して家庭を既に持っているケースでは、「成人と同様の責任能力がある」と判断し、単独での契約が可能な損保も存在します。

すでに加入済の自動車保険で対応する

例外的なケースを上げた後で何ですが、18歳と言えば両親も健在、学生や就職していてもまだ同居している、というケースも多いはずです。
この場合、両親が契約している既存の自動車保険の補償対象に自分も加えてもらう、という方法が取れ、この方が手続きなどが手っ取り早く、保険料についても大きくその節約が可能となってます。
具体的には両親の自動車保険が、

30歳・35歳補償
配偶者限定

になっているとしたらそれを、

全年齢
家族限定

にすることで、18歳でも両親の自動車保険内容に沿った補償を、しっかりと確保することができます。
両親の自動車保険料は確かにアップしますが、18歳を被保険者として新規加入した時の保険料と、既存保険料の合計よりも基本的に安上がりになるため、既存契約記名被保険者、つまり両親のノンフリート等級が高い時は、こちらの方法を取ったほうがいいでしょう。
ただし、家族限定とは「同居の親族」を意味、一人暮らしを始めた場合では家族限定を「限定なし」にする必要があるので、保険料の節約メリットは少なくなってきます。

保険料の相場はいくらくらい?

さて、18歳でも自動車保険に加入できることが分かったところで、気になるその保険料相場について、上記で述べたケースごとに見ていきたいと思います。
また、両親の車を乗るのに自分で新規加入するなんてことはあり得ませんが、比較対象しやすくするため契約車両及び、契約条件については、

平成25年式プリウス
年間走行予想距離10,000km
通勤・通学用
対人・対物:無制限
人身傷害:3,000万円
車両保険:なし

に統一し、それぞれの相場を紹介します。

新規で入る場合の相場

上記でも述べたように例外は存在しますが、最も多いケースである「契約者親権者・記名被保険者18歳」のパターンで新規加入したとして、その年間保険料相場を見てみましょう。
運転免許を取り立ての18歳が、記名保険者であるこのケースの場合、

ノンフリート等級:6等級
年齢制限:なし
免許の帯色:グリーン

などといった、保険料を大きく左右する項目はまず確定、少しでも保険料を節約するために運転者範囲だけは、「本人限定」に設定します。
するとその年間保険料は、なんと20万円以上という非常に高額な見積もりが、各社から出されることになります。
確かにこの相場水準では、「自動車保険に入らずお金を節約したい!」と考える方が多いのも頷けますが、この保険料高さは運転技術が未熟で、時に荒っぽい運転や無茶なドライブをすることもある18歳ドライバーが、それだけ事故リスクが高いという証。
冒頭でも述べましたが、自動車保険に未加入のまま18歳の方が車を運転するのは非常に危うく、何とかこの高い保険料の節約方法を、懸命に模索する必要が出てきます。
ちなみにこの相場は、車両保険もつけず特約等も全くセットせず、しかも比較的保険料が安上がりな通販型に加入した時のもの。
代理店型の自動車保険では、代理店手数料が発生するため、これより2割近くは保険料が高くなると考えておいていいでしょう。

家族と一緒に入るものや家族限定のものの相場

単独での新規加入では、とてもじゃないけど払い続けられない、といった時には家族の自動車保険に入れてもらった方が◎。
仮に、おおもとの記名被保険者である両親の加入条件が

ノンフリート等級:20等級
年齢制限:30歳以上補償
運転者範囲:配偶者限定
免許の帯色:ゴールド

であり、その他の条件が全く一緒であったとすると、通販型なら全く同じ補償内容で2万数千円あたりがその年間保険料の相場。
ノンフリート等級を18歳と同じ6等級にしても、大体5~6万円程度の保険料なので記名被保険者の年齢が、いかに保険料の決定に影響を及ぼすかがわかります。
さてここからが問題、この親権者の自動車保険で18歳のお子さんの補償もカバーするとなると、年齢制限を無制限・運転者範囲を家族限定にしなければいけません。
すると、保険料は当然アップし安くて7万円台、高いところなら8万円程度がその相場になってきます。
とはいえ、18歳が新規で加入するときの相場を見ればどちらが得かは一目瞭然ですが、これが可能なのは、同居する親の車を共有して使用する場合のみ。
18歳になり自動車学校へせっせと通った末、ようやく念願の運転免許証をゲットしからには、「自分の車を買いたい・乗りたい」と思う気持ちは、筆者も経験があるので非常によくわかります。
ですが、正直な意見を言えば免許を取得したての18歳で親と同居というケースでは、数年間は親の車に乗せてもらいつつ、その自動車保険の屋根の下にいたほうが、経済的な面だけを見ればベターだと考えます。

軽自動車の保険だと値段が違う?

どうしても自分専用の車が欲しい!そう考えても、自動車を購入するときのローン申請も親権者の同意が必要で、審査自体も購入資金が高額である場合、申込者が未成年者では通過しにくい。
ただ、比較的リーズナブルに購入できる中古の軽自動車などであれば、働いている18歳なら自分の力で購入しやすく、自分専用の車を持つことだって難しくはありません。
しかも、自動車保険というのは基本的に車両の価格が上がるほど、その保険料が上がるので、軽自動車を購入して保険料を節約するという選択肢もアリです。
この時、両親が健在ですでに自動車保険に1台加入している場合、

 1台目の契約での等級が11等級以上である。
 1台目の所有者が個人である。
 2台目の所有者も個人で、1台目の契約者自身・配偶者もしくは同居の親族である。

といった条件を満たしていれば保険料の割引がされる、「セカンドカー割引(※)」を受けることができる損保もあるので、その利用を検討するのもいいでしょう。
(※)名称・適用条件はソニー損保の公式HPを参考、各社割引率や条件が異なるため要確認。

ずばり18 歳から入れる自動車保険で一番安いものはなに?

親と同居をしていて自分の車を買うのをグッと我慢、両親の自動車保険で何とかしようとする方や、最後に述べたセカンドカー割引を使って、幾分お得に自動車保険をかけるケースはまだまし。
遠い土地に飛び出して独り立ち、学生や社会人としてのスタートを切った18歳が、新規で自動車保険に加入しようとすると、これまで述べた通りとにかくその保険料が高い。
当サイトとしても、そんな18歳ドライバーさんのために、何とか最安で加入できる自動車保険を、ズバリとお教えしたいのはやまやまです。
しかし、自動車保険というものは契約する車種や補償内容の違いはもちろんのこと、ともすれば加入する土地によってもその保険料が変わるため、ここが一番安い!と断言できない。
ただ、これなら最安の自動車保険を見つけることができる!という、最高の攻略法はお伝えすることができます。
それは、通販型から代理店型まで最大20社もの自動車保険料を、ネット上で数分加入条件を入力するだけで比較できる、「保険の窓口インズウェブ」を有効活用することです。
お子様が車を運転できる年齢になった事で、保険の見直しを検討している親御さんも独立して頑張る18歳も、この保険の窓口インズウェブの活用で可能となる、「最もお得な自動車保険探し」を、実践してみてはいかがでしょうか。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70