別居してる親子自動車保険等級

別居している親子でも自動車保険を譲渡出来る?

就職や結婚などの理由から、これまで一緒に住んでいた親子が離れて暮らすようになることがあり、それに伴って親の車を子供に譲るなんてこともあります。
また、実家で離れて暮らす親の方が定年などに伴って車が必要ではなくなり、それを子供が譲り受けるという逆のケースもあるでしょう。

そして、自動車の譲渡に伴って加入している自動車保険を有効にするためには、記名被保険者の名義を変える必要があり、これを自動車保険の譲渡と考えることができます。

今回は、この自動車保険の譲渡が別居する親子間で可能なのかや、可能な場合等級は引き継ぐことができるのかなどについて、詳しく解説を致します。

別居している親子間での自動車保険譲渡条件とは

記名被保険者の名義を変える条件とは、

 現記名被保険者の配偶者
 現記名被保険者自身、もしくは配偶者の同居親族

となっています。

ですので、結論から先に申しますと、別居をすでにしている場合たとえそれが親子間であっても自動車保険を譲渡することはできず、併せて等級を引き継ぐことも不可能です。

ただ、1つだけ自動車保険の譲渡ができる方法があり、それがまだ同居している段階で、譲り渡す自動車の名義変更とともに、記名被保険者の名義を変更してしまうことです。

結婚や就職、さらに進学や定年などに伴う自動車や自動車保険譲渡の場合、事前に転居をする予定日がわかっていることも多くなります。
ですので、こういったケースのおける自動車保険の譲渡は、転居前に済ませておけばおけばいいということになります。

また、該当する自動車保険に加入した時点では同居していたが、保険期間中に転居をしたという場合も出てきます。

この場合、保険期間中の住所移動がわかる書類、例えばそれぞれの住所と転居時期が確認できる消印のついた郵便物や、住民票などの公的な書類の提出によって、自動車保険の譲渡を認めてくれる緩和措置が取られていることもあります。
ただし、各保険会社ごと対応が異なり、求められる書類も変わってきますので、自分が加入している保険のカスタマーセンターなどに問い合わせて、手続き方法などの確認をするようにしましょう。

等級を引き継ぐことも可能なの?

転居前に譲渡手続きを済ませるか、緩和措置を活用することでうまく自動車保険の記名被保険者の名義変更ができれば、「実績」である保険等級をそのまま親子間で引き継ぐことが可能です。

そして、自動車保険は一般的に新規加入時の等級は6等級からスタートするので、それより高い「7~10等級」といった「メリット等級」を引継いだのであれば、大きく保険料を節約することができます。

しかし、「1~5等級」といった、新規加入時の6等級より保険料が高くなる「デメリット等級」や、

 事故有係数適用期間・・・3等級ダウン事故が生じた場合は「3年」、1等級ダウン事故が生じた場合は「1年」が事故1件ごとに加算され、6年を上限に保険料が高くなる期間のこと。

も引き継がれてしまいます。

つまり、この場合では自動車保険を譲渡するよりも、改めて新しく自動車保険に加入、6等級から素直にスタートしたほう「お得」なのです。

また、困ったことにデメリット等級と事故有係数適用期間は、通常別居の親子間では譲渡・引継ぎできないはずの「メリット等級」と異なり、譲渡・引継ぎができてしまうことです。

わざわざそんなことをする方はいないでしょうが、「3等級」契約になっている自動車保険の場合、別居の親族にも譲渡・引継ぎすることができてしまうのです。

さらに、新規加入の場合であってもキッチリ引き継がれてしまうことがあり、例えば現在15等級・事故有係数適用期間が「3年」残っている状態で、自動車を別居の子供に譲渡するとしましょう。

この時、自動車だけを渡して新規で保険に加入をするケースでも、自動車の名義変更がされていない場合新たに加入した自動車保険に、元の所有者のデメリット情報が引き継がれてしまうことがあります。

つまり、「別居」なのでメリットが出る15等級については引き継がれないものの、事故有係数適用期間である「3年」は引き継がれてしまうため、結果として保険料が高くなってしまう可能性があるのです。

ですので、元の記名被保険者の等級がデメリット等級だったり、事故有係数適用期間が残っているケースでは、まずキチンと自動車の名義変更した後、改めて自動車保険に新規加入するとよいでしょう。

親子ではなく他人でも自動車保険を譲渡する事が可能?

多くの方が想像できているかもしれませんが、親族であっても別居の場合自動車保険を譲渡するのは難しいのに、他人に自動車保険を譲渡できるわけがありません。

ただし、自動車保険と言っても等級などが関わる任意保険ではなく、強制保険である自賠責保険は、記名被保険者ではなく「車両」にかけられているものなので、有効期間内であればそのまま車体ごと譲渡可能です。

また、自動車の譲渡に伴い、その後自分が自動車の乗らない場合では、「中断証明書」の発行を各保険会社に依頼することができます。

この中断証明書があれば、再度自動車の乗る機会が来た時に新規加入時の6等級ではなく、積み上げたメリット等級を中断から10年間にわたり、引き継いだ状態で契約をすることが可能ですので、念のため取得しておくと良いでしょう。

キャンペーンがある自動車保険で見積もり
自動車保険は比較をする事で安くなる!
なんと30000円も自動車保険が安くなりました【平均額】

たった5分で最大20社の保険が比較できます!



>インズウエブ自動車保険の見積はこちら【無料】<

自動車保険のインズウエブ


もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
保険スクエアbang


車を高く売る
電話営業なしで車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった45秒で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70