正式名称は、「全国労働者共済生活協同組合連合会」もう二度と言いませんが、こんな長い名前を持つ団体を略して、全労済と言います。
「共済」という名前で生命保険や火災保険などの保険事業を扱っていて、その中には自賠責保険や自動車保険も含まれます。
今回は、あまりその中身について知らない方も多い、全労済の自動車保険の詳細について触れ、他の自動車保険との関連についても紹介していこうと思います。

全労済の自動車保険とは?

一般的な自動車保険会社とこの全労済との違いは、各保険会社や損保が営利を得るための金融商品の1つとして、自動車保険を販売しているのに対して、建前上ではあくまで助け合いの一環、共済として全労済の自動車保険は成り立っています。
そのため、全労済の自動車保険も「マイカー共済」という名前でサービス提供されています。

保険と共済の違いとは?

マイカー共済について語るうえで、保険と共催の違いについて少し説明しておきましょう。
この共済と呼ばれる商品を扱っているのは、今回説明する全労済のほか、

JA(農業協同組合)
こくみん共済
コープ共済
県民共済

などがあり、これらと全労済は非常に近い立ち位置にあります。
生命共済や火災共済、それに自動車共済もそうですが万が一の事態に備えて数多くの方から掛け金を募って運用、大きな保険金の支払いに備える、というスタイルは保険と何ら違いはありません。
ただし、保険に加入できるのは不特定多数、つまり誰でもいいわけですが、共済はそれぞれの団体組合員・地域(JAやコープならその組合員、県民共済なら住んでいる都道府県民)にその加入が限られる点です。
とはいえその名前を見ればわかりますが、全労済の対象は全国の労働生活者、ということはその加入のハードルはそれほど高くなく、ほぼだれでも加入できると考えて間違いありません。
また、保険という商品の健全性を管理しているのは金融庁ですが、共済の場合はその団体ごとに、農林水産省や厚生労働省が監督をしています。
そして、保険ではその提供企業が経営破たんしても、加入者の補償を保護する「セーフティーネット」が存在しますが、共済にはそれがありません。
ただ、全労済含め上記で紹介した4台共済組合が経営破たんすることは、そうめったなことではないので、それまで神経質になることはないかもしれません。

リスクの細分化が進んでいない?

生命共済や医療共済などのついては、助け合いの精神から非常に掛け金が安価で、営利をそれほど必要としていない団体であるため、場合によっては掛け金に応じた「割戻金」が発生、手元に戻ってくることもあります。
ただし、自動車共済に関しては補償内容に応じた掛け金は保険会社と同等で、それほど目立って安いという訳ではありません。

記名被保険者条件 40代男性 10等級 本人限定・35歳以上補償
補償の開始日 平成29年7月20日
共済期間 平成29年8月1日 ~ 平成30年7月31日(1年間)
契約車両 ホンダ フイツト
初度登録(初度検査)年月 平成29年6月

上表の条件で見積もりをしてみたところ、その掛け金は月に2,770円ですから、年間の掛け金は33,240円となります。
同じ条件ならば、通販型自動車保険の見積もりでは、3万円を切ることもザラなので少し割高、代理店型より少し休めかな?というのが率直な意見。
実際に見積もりをして気が付いたのですが、通販型では必ず聞かれる、

運転免許の帯色
年間走行距離

申告することが無かったことです。
おそらく、平等に助け合いをするという共済という立ち位置から、それらのリスク細分化での割引制度を、今のところ引いていないのではないかと考えます。

事故対応など評判について

これはあくまで、巷に溢れる評判を吸い上げた結果ですが、

事故対応に来た担当者が頼りない
こっちが悪くない事故だったのに過失割合で負けた
事故対応窓口の電話がつながりにくい

などといった、事故対応に対する不満の声が少し多く目立ちました。
ただ、代理型自動車保険と比べるとその掛け金の安さに惹かれて加入を決めた方も多く、通販型と違い店舗に当たる「共済ショップ」が存在するため安心だという年配加入者の声も多く聞かれました。

解約方法

解約方法は一般的な自動車保険とさして変わらず、補償期間である1年を経過し継続手続きを取らなければ自動解約。
途中解約の場合は電話をして書類を請求、記入・返送するか、各地に点在する全労済窓口に行けば、すぐに解約手続きがとれます。

他の自動車保険から等級は引き継げる?

これについては、全労済の場合は、どの自動車保険からでも問題なく等級の引継ぎが行われます。
また、最近テレビCMで評判ですが、全労済には他の保険会社には存在していない、22等級があり最大64%の割引が受けられ、全労済はそれをもうプッシュしています。
ただし、そのために他社から乗り換えると、前述したとおりリスクの細分化が進んでいないため、主に通販型からの乗り換えでは、結果保険料がアップしてしまうケースも。
ですので、全労済の公式HPで見積もりを入手、その後「保険の窓口インズウェブ」などといった、自動車保険料一括見積サイトを利用し、保険料を照らし合わせてから、本当にお得な保険・共済をチョイスすると確実です。

他の自動車保険に乗り換えるのもあり?

前項の方法で比較した結果、他の自動車保険の保険料の方が同じ補償内容で安い、なんてケースは少なくありません。
しかし、自分は組合員だから乗りかえてもいいのかな、なんて思う方もいるかもしれませんが、組合員だから必ず共済に加入しなければいけない事なんてありません。
一部の共済組合でそういった風潮が古くはあったのは事実ですが、全労済の保険についてはその加入も、解約も全く持って自由、ただし、等級が22等級に上がっている場合だけはちょっとだけ注意。
全労済や一部共済に存在する22等級は、他の自動車保険に引き継がれる場合は20等級として扱われます。
下がる割引率はほんの少し、大体1%ほどなのでおそらく大きな掛け金変化にはなりませんが、一応事実としてお知らせをしておきます。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70