見積もりも申し込みもインターネットか電話のみ、安くて便利なことから現在その加入者が増えてきているのが、通販型の自動車保険です。

今回は、いくつもの国内損保・保険会社が商品展開をしている上、海外資本の参入も著しいこの通販が他自動車保険とはどういったものでどんな商品があるのか徹底比較をしてみたいと思います。

通販型の自動車保険ってどういう保険?

・1996年に初登場!

アメリカンホーム保険が日本で始めてその通信販売認可を獲得、以後国内外問わず多くの企業が参入し、現在苛烈なシェア争いを繰り広げているのが通販型自動車保険です。

一般ではダイレクト型と呼ばれることもあるこの通販型自動車保険は、保険料という時に家計を圧迫する費用を安く節約できるとして、そのシェアを年々伸ばしているもの。

保険のコストに敏感な若い世代や、都市部にお住まいの方のユーザーが強いのが特徴で、係員との対面によって保険の見積もりおよび加入をする、ネットの操作に不安を持つ世代から支持を集める「代理店型」や「総合型」とも呼ばれる一般型自動車保険と区別されます。

・「安かろう悪かろう」は本当?

通販ショッピングが全盛になっているのと同じ理由ですが、店舗を構えそれぞれにスタッフを配属させる必要がある一般型より、人件費の削減などによって掛け金が安いのが一般的です。

電話対応については集中したカスタマーセンターを自前で構築していたり、外部の専門企業に外注することで対応していますし、ルールがしっかりと定められている交通事故での責任割合折衝能力について、それほど代理店型との差はありません。

むしろ特約やロードサービスなどのの充実度愛だけで見れば、通販型の方が種類が豊富で自動車保険の設計の仕方次第では、一般型を上回るサービスを受けることも可能です。

通販型自動車保険にはどんな保険があるの?

売り上げが高い=良い自動車保険という訳ではありませんが、やっぱり人気の高い自動車保険については抑えておきたいところ。

ここまで概要について説明してきた通販型自動車保険の中で、その収入保険料が多いものを上位9社一覧にしたので、参考にしてください。(平成26年度)

保険・損保会社名 収入保険料合計
ソニー損保     約813億円
チューリッヒ保険     約353億円
三井ダイレクト     約344億円
アクサダイレクト     約334億円
SBI損保     約242億円
セゾン自動車火災     約172億円
イーデザイン損保     約167億円
そんぽ24     約139億円
セコム損保     約77億円

通販型の自動車保険と一般型の自動車保険の違い


・ぶっちゃけるとほとんど同じです!

事故が起こり、いざ保険料が支払われる段になると「払い渋り」をするのが通販型保険だというマイナスイメージを持っているユーザーさんも多くいます。

なんだか名前を聞いたことのない「外資系」がこの通販型の草創期には多かったことが、いまだ代理店型自動車保険を9割以上を占めている要因となっていますが、結論から言えば通販型と代理店型双方、その保険金の支払い基準や支払いの速さ、確実性に大差はあり得ません。

・事故対応はどんな感じ?

保険の支払いの次に気になるのが、いざという場合での事故対応能力の差でしょう。

1990年代に登場した当初はその運営会社が外資系だったため、いまいちルールの違う日本のクルマ事情に疎い傾向がありましたが現在その加入者を増やしている通販型自動車保険は国内の大手保険会社が運営しているため、事故対応能力についても正直一般型と遜色ありません。

それどころか、電話対応などは通販型の方が充実した連絡網を持っているうえ、常駐している代わりのコールスタッフが初期対応をしてくれるため、店舗の営業時間が終了し担当者が捕まらないという一般形で起こり得る事がなく、しっかりとした初期対応を受けることが可能です。

特筆したいのが、40代以降の保険料がお得になるとして評判のセゾン自動車火災の「おとなの自動車保険。

ここは、警備保障会社最大手である「アルソック」の警備担当者が現場に急行し、救急車の手配から現場での聞き取りや写真の撮影などをしてくれるサービスを2016年4月から始め、相手との駆け引きやトークが苦手な方や、女性などから厚い信頼を寄せられています。

・代理店型は面とむかって決めれるから安心だというけれど…

1つ、面と向かってプロの意見を聞ける事が代理店型自動車保険の大きな強みとなっていますが、忘れてはいけないのがこの代理店は何も親切でやっているのではなく、商売でやっているということで、しかも代理店ですから本社の直営店なわけではありません。

一般的に自動車保険の代理店をやっているのは、各損保及び保険会社と契約した保険の専門店か、自動車販売会社など自動車関連事業主。

そして彼らは、契約した保険会社などから計約1本当たりいくらかの「手数料マージン」をもらってそれを利益としていることが、通販型より保険料が高くなる最大の理由となっています。

生命保険や火災保険などを複合的に取り扱い、ファイナンシャルプランナーなどを、しっかりと配属した保険専門の代理店なら「保険のプロ」からの貴重な意見やアドバイスを受けられるので、保険料に見合うといえるかもしれません。

ただし、中古車屋さんやディーラー各社、ガソリンスタンドなど「○○損保代理店」の看板を掲げ加入者を募っているところにいるのは、損害保険募集人資格の中でも「自動車保険単位」を受験し合格した保険に関しての知識がそれほど高いわけではない、日頃の店舗運営と兼業でのスタッフです。

なぜそう断言できるのか、それは筆者自身この募集人資格を有していますし、缶詰め状態でしたが「丸1日」勉強するだけで取得できた比較的簡単な資格試験だったからです。

ですので、もし高い保険料を支払ってでもしっかりとした契約内容の説明や、自分のカーライフに合う保険の設計内容の相談をするときは、ファイナンシャルプランナーや豊富な保険知識を持つ、上位資格保持者のいる代理店に行かないとあまり意味がありません。

通販型の自動車保険に代理店ってあるの?

一般形を代理店型とも呼ぶことでもわかる通り、結論から言えば通販型自動車保険の代理店は存在しません。

ただ、電話やネットではわかりにくく複雑な保険内容のQ&Aをしっかりと細かく答えていますし、フリーダイヤルに電話すればコールセンタースタッフが懇切丁寧に内容への質問に答えてくれるので、それほど弊害はないように考えます。

・通販型自動車保険のデメリットとは

これまでいいことばかり書いてきましたが、この通販型にもいかんともしがたいデメリットも存在します。

それが継続の際、自動更新していくスタイルの多い一般型にひきかえ、通販型は単年での契約になることがほとんどなので、満期が近づいたら自分で継続手続きをしないといけないこと。

ついうっかり、任意保険に加入しないまま自動車を運転するということもゼロではなく、その場合当然ですが、事故の時の保険金を受け取ることが不可能なので注意が必要です。

また、その保険金支払いの際の書類作成などを自分で行わねばならないのも手間ですが、これについては大事なお金のことなので、忘れたり手間を惜しむ方も少ないでしょうから、しっかりと対応すればデメリットにはなりえないでしょう。

一番安い通販型の自動車保険はどれ?

一番安い通販型自動車保険をここですぐにご紹介するのは、加入者の年齢や等級、対象の車両のスペックで大きく変わるため困難です。

ですが、上記で一覧にした通販型自動車保険トップ9を含む最大20社の保険料をチェックできる「保険の窓口インズウェブ」などといった自動車保険比較サイトを活用すれば、自分のケースでの最安自動車保険をすぐに見つけられるのでおすすめです。