出会い頭の事故は誰にでも起こり得ることですが、そんな接触事故にもその程度によって種類があり、その1つで比較的軽い接触事故である物損事故については、以前当サイトでもお伝えしました。
ただ、人に被害が生じた人身事故についてカバーをしておかないと、すべての接触事故についてフォローすることはできません。
そこで今回、不幸にも人にケガなどを負わせてしまった人身事故についてを接触事故と表現して、詳しく説明していきたいと思います。

接触事故を起こした時にすべき事

接触事故を起こした場合、何物にも代えてしなければならないことは、被害者の安全を確保することやけがなどの対する応急処置、並びに救急車の手配や警察への連絡につきます。
ただ、加害者になってしまった場合、被害者への補償をしなければならないため被害者保護の意味と、自分の経済面を守ることも同時に忘れてはいけません。
接触事故を起こし初動をとった後は、必ず加入している自動車保険会社にも連絡をすぐ取るようにしましょう。
加害者となった場合ではまず被害者への配慮が最優先ですが、仮に被害者の立場に立った場合はそれぞれの過失責任の度合いで、相手から受け取る補償や慰謝料が大きく変わります。
事故担当者に急行してもらえば、仮に接触事故を起こしてもその過失責任の度合いなどについて、交渉次第で左右してくる場合もあります。

罰則金と罰則点数

人身事故としての接触事故を起こしてしまった場合では、3つの責任を負う可能性があります。
それが、

1、刑事罰・・・罰金、懲役、金庫などの法的処罰、反則金と異なり前科が付く。
2、行政処分・・・違反点数の加算による免許停止、取り消し等の可能性。
3、民事責任・・・過失責任度合いの応じた損害補償責任。

であり、もし加害者の立場としてその事故原因が、

故意での事故
酒酔い
麻薬等の使用時運転
ひき逃げ

など言った場合には基本的に一発で免許取り消し、その免許の欠格期間も最低で3年長く、その刑事罰も非常に重いものとなります。
刑事罰がどうとか自動車保険がどうとかいうより、これらは人としてやってはいけない事であり、これ以上深くその罰則について説明しなくても、賢明な読者各位には関係のないケースでしょう。
一方、このような重大な過失があった場合ではなく、通常の運転時発生してしまう一般的な違反に伴っての事故の場合では、

事故区分 一方的な加害者の場合 被害者にも非がある場合
死亡 20点 13点
後遺障害 13点 9点
全治3か月以上 13点 9点
全治30日~3ヶ月以下 9点 6点
全治15~30日以下 6点 4点
全治15日未満 3点 2点

と上表のような、違反点数が課せられます。
つまり自分だけに非があり、接触した相手が2週間以上のケガをしてしまった場合、今まで無事故を通してきた方でも、一発で免停処分を受けることになります。
一方刑事罰ですが、案件ごとによって大きく変わるため一概には言えませんが、

事故相手が死亡・・・懲役7年以下もしくは禁固
後遺障害及び3ヶ月以上のケガ・・・7年以下の懲役もしくは禁固、もしくは罰金50万円

辺りが量刑として出される場合が多く、3か月以下のケガを負わせた場合はその程度に応じて、15~30万円の罰金刑に処されることとなります。
ただし、違反が軽微(安全運転義務違反等)で運転者の過失が少なく、被害者のケガなどもそれほどでないケースでは、この刑事罰が下らない可能性もあります。
その場合では、違反点数の累積による免停の通知によって、刑事罰の対象とならなかったと一定の判断をすることができます。

自動車保険の対応

自動車保険の立ち位置はと言えば、接触事故での被害者への賠償は加入者の過失責任に関わらずなされるため、民事での責任は果たされます。
ただし、強制保険である自賠責保険では、その補償内容だけでは年々上昇して来ている被害者への補償が十二分に出来ないので、しっかりと任意保険に加入することが、弱い立場である歩行者や自転車などを守る、運転者の義務と言えます。
また、接触事故は何も対人や自転車だけではなく車同士でも起こり、その場合完全に過失責任が10対0、片方の車だけが悪くなる事故ケースは、

法定速度で正しく走行、または信号などで停車しているしている車への後方からの激突
センターラインを大きく逸脱しての激突
赤信号を無視しての接触事故

などであり、それ以外のケースでは一定の過失が被害者側にもかかる場合がほとんどです。
とはいえ、上記のケースでもその事実を証明することは難しく、加害者側の自動車保険担当者も、10対0を防ぐためにいろいろな主張をしてきます。
海外ではそのまま法廷抗争となることも多いため、ドライブレコーダーでの証明などが進め、その需要も伸びていますが、日本ではまだそれほど広まっていません。
また仮に、過失責任が相手より高くなってしまうと、自分の車のケガや車体の修理費用を相手の自動車保険で完全にカバーできませんが、人身傷害保険や車両保険に加入しておくと、そのフォローができるので安心です。

■自動車保険は業者に任せっきりはダメ!

いずれにせよ、もし被害者の立場に立った場合は正当な過失責任を主張し、そのためには加入保険会社の担当者に急行してもらうことが大切です。
しかし、保険会社ごと事故の際に駆け付けるスピードも、その後の示談交渉のノウハウなども大きく変わり、何より同じ対応と補償内容でもその保険料が違います。
ただ、主に代理店型自動車保険に加入している方の中には、自動車を買った時にディーラーや、中古車業者に言われたままの自動車保険に加入していることも多いでしょう。
自動車保険は自分が加害者になったときも、被害者になったときも頼りにになるもの、補償内容なども自分のカーライフとしっかりと合わせた設計にするべきで、まかせっきりにしておくのはいけません。
ネット上の評判などで、その事故対応能力を調べておくこともいいでしょうし、保険の窓口インズウェブなどといった一括見積サイトで、評判の良い大手保険会社の保険料を併せて調査。
それらを総合して、自分に合った自動車保険選びの材料にするのが、最もいい方法と言えます。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70