皆さんは、自動車保険に関する用語に「料率クラス」、というものがあることをご存知でしょうか。
実は、各車種・グレード・年式・モデルごとにクラス分けされているもので、これが変わると大きくその自動車保険料が上下するのです。
全く知らないという方も多いはずですので、今回はこの料率クラスと自動車保険料との関係性について、できる限り分かりやすく解説したいと思います。

料率クラスとは

自動車保険料を左右する最も有名な要素は、「ノンフリート等級」と呼ばれるもの。
これは、無事故で保険を使用しなければ毎年1つづつ上がり、その保険料割引率がどんどん増していくため、多くの方が意識しているはずです。
一方、正確には「車両料率クラス」と呼ばれる今回紹介する要素は、加入者の条件に一切かかわらず、契約車両の型式であらかじめ決められてしまっています。

どう保険料に関係するの?

料率クラスは、

対人賠償
対物賠償
傷害保険
車両保険

という、自動車保険の4つの柱について「1~9」までランク分けされていますが、「1」が最も保険金支払いのリスクが低く、反対に「9」が保険金支払いの可能性が高い車両となります。
保険金を支払う機会が低い料率クラス1に近づけば、それだけ保険料を安く設定できますし、反対に保険金の支払いリスクが高い9に近づいたとなれば、損保会社もその車体にかける保険料を、たくさんもらわないと割に合わない、ということです。

どこがどんな風に決めるの?

自分が安全運転に心がければアップさせることができる等級と異なり、車を決めた時点で決定します。
決めるのは、財団法人である保険料率算出機構という機関で、毎年1月1日にその年ごと見直された料率ランクが、損保会社だけに公開されます。
一般人には非公開ですので、どんな車が料率ランクが低く(9に近い)、どんな車がランク上位(1に近い)のか判断できません。
前述の専門機関が行う、複雑な料率ランクの決定過程について詳細を説明しても、一般ユーザーには伝わりにくいので、ものすごくかみ砕いて表現すると、

事故が起きやすい車
車体が高価な車
安全装備や事故防止システムのない車

が料率ランクが低く設定されています。
つまり、スピードが出やすいスポーツカーや、高級輸入車は料率クラスが低め、反対にファミリーカーやコンパクトカー、年式が新しく優れた安全装備を有する車体は、比較的料率ランクが高めという判断で間違いありません。
例えば、全盛期にはたくさんの走り屋が公道で乗り回していた、日産シルビア「S15」などは、

対人賠償6
対物賠償6
傷害保険4
車両保険9

という非常に低めの料率ランクに。
一方同じ日産でも、落ち着いた運転をする世代のユーザーが多いサニーの「WFNB12」は、

対人賠償3
対物賠償3
傷害保険3
車両保険1

という、全車種を見渡してもかなり高い料率クラスが設定されています。
(注)H25年度のデータ、現時点では変更の可能性あり。

また、RV車は基本的にその車両剛性が高いため、ドライバーがひどいケガをしにくいので、運転者や搭乗者に対する、傷害保険の料率ランクは高め。
しかし、事故の相手がいた場合、そちらに大きな損害を与える可能性があることから、対人・対物の料率ランクは低く設定されることも多くなります。
さらに、高級セダンはその車両価値が大きく車両保険の支払いが高額になってしまうためから、その料率ランクは軒並み低い。
ただ、ドライバー層が運転の穏やかな方も多く、長いボンネットと車両剛性から事故の際のケガも軽く済む可能性があることから、傷害保険料率クラスは高くなっているケースもあります。
なお、軽自動車には一切この料率クラスが存在しないので、これによる保険料の変化は皆無です。

料率クラスごとに自動車保険料が変わるってほんと?

これについては結論から言うと本当で、皆さんが思っている以上にこの料率クラスは、大きく保険料を上下させる要素。
例えば、最も影響の大きい車両保険でそれを見てみると、

料率クラス 保険料比率 保険料例
1 1倍 50,000円
2 1,2倍 60,000円
3 1,4倍 70,000円
4 1,6倍 80,000円
5 1,9倍 95,000円
6 2,4倍 120,000円
7 3倍 150,000円
8 3,6倍 180,000円
9 4倍 200,000円

上表のように、その想像以上に保険料が変化する事がわかります。
車両保険は、そもそも自動車保険において保険料を大きく左右する要素ですが、言ってみれば1億円の車と100万円の車の保険料を一緒にできる訳もなく、料率ランクによる上下が最も激しいのも納得がいきます。
ここまでの違いは出ませんが、対人・対物、人身傷害に関わってくる保険料も、料率によって大きく上下します。

車両や車種によって保険料が大きく違う。車両ごとの自動車保険料一覧

さてここでは、通販型加入者シェアNO,1のソニー損保の見積もりサイトを利用して、実際にいくつかの車種で、どれほどその保険料が違うのか見てみたいと思います。
車両保険については前項で紹介したので、ここではそれに加入しない条件で、各車種見積もりを実施することにしましょう。

 

車種名・型式 年間保険料
フィット・GE6 25,040円
アルファード・ANH20W 27,220円
ランドクルーザープラド・GRJ150W 26,630円
ノート・E12 23,600円

上表は加入者条件を、

30歳男性
ゴールド免許
15等級
通勤での使用
年間走行1万㎞以下
本人限定

に、すべて平成25年式の型式に固定をした、見積もり結果の一覧です。
確かに年間保険料は車種によって若干変化しますが、はっきり言ってその幅は車両保険をセットしない場合では、それほど大きなものではありません。
できるだけ料率ランクの高い車の乗りたいところですが、極端な例を除けばどの車体も、対人・対物が高ければ傷害のそれが低いなど、料率ランクが一長一短。
そこまで神経質のこの料率ランクにこだわると、カーライフがつまらなくなってしまうので、自動車保険の知識として軽く知っておく程度にとどめていてもいい、と筆者は考えます。
ただし車両保険だけは別、大きく料率ランクでその保険料が乱高下するので高級車や外車、スポーツカーを購入し車両保険に加入する際は、ある程度保険料が高くなることを、前もって覚悟しておきましょう。

保険会社ごとに違う保険料に対処する方法?

前項で紹介した料率ランクによる保険料の変化は、何も例に挙げたソニー損保だけでなく、通販型代理店型問わず、すべての自動車保険で発生します。
ただし、保険料を決定しているのは何もこの料率クラスだけではなく、

経営形態の違い(代理店型or通販型)
業績の良し悪し
リスク細分化による割引率の違い

などが複雑に絡み合い、正直料率クラスでの保険料の差よりも、加入する損保会社の違いによる差の方が大きくなるケースもあるほどです。
料率クラスによる、保険料への影響はどの損保も同じになってきますが、実際の保険料には上記でも述べたように各損保独自の割引基準などが複雑に絡んでくるため、目で見てそれを確認することはできません。

「じゃあどうやって自動車保険を選べばいいの?」

という疑問が浮かんできますが、そんなとき役立つのが、「ほけんの窓口インズウェブ」などといった自動車保険の一括見積サイト。
所要時間たったの5分、わずかな時間で最大20社からの見積もりをゲットできるので、料率ランクの違いなんてそれほど気にせず、保険会社の違いによって生じる大きな保険料の差を目で見て、お得な自動車保険を選ぶことができます。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70