テレビやラジオでバンバンとCMを流していて、その名前をよく耳にする通販型自動車保険に比べ、いまいちなじみが薄い代理店型自動車保険。
ただ実は、今国内での自動車保険加入割合を見ると、通販型が1割程度なのに対し、代理店型9割と、圧倒的に代理店型の方が上なんです。
今回は、車を購入する際たいして名前も知らないのに代理店型に加入しているケースも多いと考え、代理店型自動車保険とはどんなものでどんな会社があり、保険料などはどうなのかなどを明らかにして、その比較をする必要性について訴えていこうと思います。

代理店型の自動車保険とは?

代理店型自動車保険とは、その名前の通り自動車保険を提供している各損保会社とユーザーの間に、「代理店」という取次店が介入しているタイプの自動車保険を指します。
ダイレクト型とも呼ばれる通販型自動車保険が、直接インターネットなどでユーザー自らその補償内容・保険料・約款などを確認、加入先を検討するのに対して、これらを担当者がユーザーと対面形式で、しっかりと説明しつつ勧誘するのが代理店型の特徴です。

代理店型の自動車保険のメリット

自動車保険に限らず保険という商品は、その補償内容や決まりごとが実に複雑、専門用語も多く飛び交っているため、一般ユーザーが正確に内容を把握するのが非常に大変。
しかし、代理店が介入すればそれを直接面談で解消してくれるため、保険に詳しくない方でも自分のカーライフにあった補償設計ができる、というのが代理店型に加入する最大のメリットです。
また、万が一のトラブル時に事故担当者と直接会ってやり取りできる、という点も大きなメリットと言われてきました。
ただ、最近ではアクサダイレクトの「フィールドマネージャーサービス」ように、担当者を自宅に派遣するサービスを提供する通販型も出現してきているので、こちらについてはそれほど強いメリットとは言えなくなりつつあります。

主な代理店型自動車保険会社一覧

冒頭でもお伝えしましたが、代理店型損保はそれほど盛んなPR活動をしていないため、「どこが代理店なの?」と、そもそも思っている方も多いはず。
そこでここでは、国内にある主な代理店型自動車保険を、それぞれの特徴や商品名とともに整理、一覧にしてみました。

損保名 特徴・商品名
東京海上日動 個人向けの「トータルアシスト」と法人向けの「TAP」を展開中。後述の損保ジャパン日本興亜と、例年熾烈なトップシェア争いを繰り広げている。
損保ジャパン日本興亜 NKSJホールディングの中核、個人向けは「THEクルマの保険」、法人・個人事業主向けは「SUP」を準備。
あいおいニッセイ同和損保 通販型と同様にリスク細分型の「タフ」、細分化されておらずバイクや事業用車両の加入ができる「タフシンプル」の2種類がある。上記の2社にここを合わせて、「国内3大メガ損保」と呼ぶ。
三井住友海上 家庭用自動車総合保険である「GKクルマの保険」と二輪車・原付バイク・事業用自動車向けの「自動車保険・一般用」がある。上記の3大メガ損保に迫る国内4番手。
富士火災 運転中のみならず、日常生活におけるケガなどの保障もされる「ベリエスト」や、リスク細分型の「FAI/FAPneo」など多彩な商品展開をする老舗。
共栄火災 個人向けの「KAPくるまる」、事業者向けの「KAPベーシス」を用意、知名度はメガ損保ほどではないが細やかな事故対応などが評判。

この他にも、1951年野村証券などが中心に設立した朝日火災、事故の際の修理時にリサイクルパーツを使うことで、保険料の割引を受けられる面白いシステムの「アサンテ」を展開する、日新火災などといった中堅どころも数社まだ存在しています。

代理店型の自動車保険は高い?

正直に事実を述べるならば、同じ条件で同じ補償内容であるなら、現状通販型より安い保険料で加入できる、代理店型自動車保険は存在しません。
これは間にいる代理店に対して、その加入者数や内容に応じて手数料を支払う必要があること。
さらに、通販型には存在しない自社の営業所を維持運営していくために必要な、人件費などのコスト分を保険料に加算しないと、会社として成り立たないからです。
ただし、安心と信頼感そして上記で述べたメリットを得るために、保険料の高低ではなく、それを重視して代理店型をチョイスするユーザーが多いのも確か。
しかし、同じ代理店型でもその保険料が各損保の経営規模や、商品内容によって変化する事実を忘れてはいけません。

代理店型の自動車保険を比較する方法

通販型自動車保険は、どこもネットで簡単に保険料見積もりができるので、誰でもその保険料を比較できますが、代理店型は基本店舗に行かないと見積もりができないので、比較対象をするのに非常に手間がかかります。
しかし、保険料見積もり一括サイトである、「保険の窓口インズウェブ」を利用すれば話は別。

自動車保険の代理店一覧

上記で紹介した、主だった代理店型自動車保険会社が、なんとすべてここには参入しているので、本来手間のかかる代理店型の保険料比較が自宅にいたまま、誰でも簡単にすることができるのです。
こちらでひとまず気になるその保険料をチェック、目星をつけたところに行って、保険の詳細を詰めていくなんてことも可能なので、ぜひ一度その利用を検討してみてください。

もっとも安い自動車保険を探す
自動車保険一括見積を行い、102400→73400円と29000円も自動車保険が安くなりました

たった3分で自動車保険の見積もりが完了し、2万円以上、自動車保険が安くなります。
>自動車保険の無料見積はこちら
518x70

車を高く売る
車の一括査定を行い、25万円も車が高く売れました

たった3分で車の見積もりが完了します。1円でも高く車を売りたい方は以下からどうぞ
>車の一括査定はこちら
518x70